Dear Maria

子供を授かりました。この子が成長していく過程や出来事を日記にまとめています。

魔物

最近、ママ友の御厨さんに無性に会いたい。

と、言うより、

 

 

 

 

いや、今は語るのを止めておきます。

 

マリアの白く小さな手を握ると、

とんでもない罪悪感に襲われる。

 

無垢であるということ、それは、なんと尊く神聖なものなのであろう。

外出

今日はマリアを連れて、初めて外出しました。

 

一ヶ月検診です。

 

見えてるのか見えていないのか、マリアは円らな瞳で空をジッと捉えていて、ふぅふぅと興奮するかのように荒い息づかいで、その姿がすごく印象に残りました。

 

マリアの少し青い瞳に、真っ青な空はどう映っていたんだろう。

感謝

今日はマリアを妻に見てもらい、御厨さんと珈琲を飲みに行きました。

 

実はまだ御厨さんのお子様にはお会いできたことがないのですが、

御厨さんもお子様を親御さんに見てもらっているとのことで、今日も会えませんでした。

 

二人でゆっくりお茶できたのは良いのですが、少し残念。

 

お互い子供の写真を見せあったり、子育て話に花を咲かせました。

 

毎日がとても充実しているなあ。

 

友との出会いに、感謝。

 

妻との出会いに、感謝。

 

マリアとの出会いに、感謝。

御厨

人生で初めてママ友が出来ました。

(私はパパなので、正確にはママ友と言わないかもしれませんが。笑)

 

比較的近所に住んでいるらしい、同じ0歳児のお子さんがいる、御厨(みくりや)さん。

 

最寄のスーパーで知り合ったのですが、なんだかとても話しやすくて、すぐ意気投合しました。

 

マリアのルックスをとてもよく褒めてくださいます。マリアはハーフではないんだけどなあ(笑)

 

LINEも交換しちゃいましたー!

青い

マリアがうちに来てから一日が経ちました。

 

終始落ち着いていて、夜泣きもあまりなく、ミルクもよく飲みます。

 

思ったほどてんやわんやしていません。順調です。

 

妻が戻ってきてくれた嬉しさもあり、寂しさや不安といった感情も薄れてきました。

 

ただ、ひとつだけ気になっていることがあります。

 

やっぱり、マリアの瞳が青い。

 

まさか、何かの眼の病気???

実は

実は、私はある免疫不全の病に罹っていて、余命を宣告されています。

 

マリアが文字を読めるようになるころには、私は生きていないかもしれません。

 

マリアとの日々を、一日一日大切に過ごせるように、

 

そしてこの日記に綴った日々をマリアに遺せるように、

 

私はこのブログを書いています。

退院

明日、子供と妻が退院して帰ってきます。

 

帰ってくるといっても、子供はこの家にはじめまして、なわけですが。

 

子供の名前は、特定を避けるためにこのブログでは伏せておこうと思う。

 

わけあって、ここでは子供の名前を仮に「マリア」と呼ぶことにします。

 

マリアは、この家にきて、いったいどんな顔をするんだろう。

 

とても楽しみだ。